検査とその重要性 | 横須賀市のコンタクトならわかくさコンタクト 京急横須賀中央駅前徒歩3分

わかくさコンタクト

あなたの目の健康を考え、その人の眼にあったコンタクトレンズを選ぶために検査はとても大切です。

コンタクトレンズ処方の検査の紹介

視力検査
眼科でお馴染みの検査です。自覚的な視力(本人が見えるか見えないか)を計測します。
屈折検査
近視や遠視、乱視の度合いを他覚的に測定(器械による数値で検査)します。
レンズで矯正した場合の適切な視力と、レンズの度数を決定します。
角膜形状解析
角膜のカーブを測定します。その人の目にあったコンタクトレンズを選ぶためには欠かせない検査の1つです。
角膜内皮細胞検査
角膜内皮細胞の数を検査し、コンタクトレンズを装用する上で安全かどうかを調べます。
横須賀中央眼科では、角膜内皮細胞の検査を無料サービスで行っています。
細隙灯検査(スリットランプ)
眼科で最もポピュラーな検査の1つで、斜めから眼内に光を入れて、医師が眼の中を 直接見ます。

定期検査の大切さ

わかくさコンタクトでは、6ヵ月に1度は必ず定期検査を受けていただくようにしています。
コンタクトレンズを使っていると、気付かないうちに角膜を傷つけたり、次第にレンズが目にあわなくなってくる可能性もあります。
コンタクトレンズの装用を続けていくなかで、定期的に眼科専門医による検査・診察を受け、眼の状態を確認することがとても大切です。

6ヵ月に1度は、必ず定期健診を。(その他、目の状態に合わせて)
面倒でも定期検診をすれば、コンタクトレンズ障害、その他の病気の発見になり、目の健康を維持できる。

ページトップへ